【PT・OT・ST-2019年版】知りたい! 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の学校別合格率

2019年4月29日

【PT・OT・ST-2019年版】気になる? 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の学校別合格率

 

第54回理学療法士・作業療法士国家試験・第21回言語聴覚士国家試験版 | PT・OT・ST学校別合格率は?

 

これからリハビリ養成校を受験される方や2019年2月に実施された国家試験を終えた方などの中には、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の短大・大学や専門学校などのPT・OT・STの学校別の合格率・合格状況が気になる方もいるのではないかと思います。

 

2019年3月27日時点で、

・第54回理学療法士国家試験

・第54回作業療法士国家試験

・第21回言語聴覚士国家試験

の学校・養成校別の合格率・合格状況についてインターネット上で検索してみると、は2019年(平成31年)に施行された国家試験(平成30年度卒業生)の合格率などをまとめた情報が、一般公開されているようでした。

 

キーワード

:看護医療進学ネット 国家試験学校別合格率

:看護医療進学ネット 2019年国家試験合格状況一覧

* 2019年3月27日確認時点では、
  検索結果で表示された「国家試験学校別合格率 – 看護医療進学ネット」
  のタイトルをクリックすると該当ページを確認できました。


などと検索してみると見つけやすいのではないかと思いますので、これから養成校を受験予定の方などは今後の進路選択の参考などにしてみてください。
各学校別で新卒者・既卒者のそれぞれの受験者数・合格者数・合格率などを確認できるのではないかと思います。

 





 

高校卒業後の進路としてリハビリテーション業界への就職を検討されている高校生の方や親御さんにとっては、養成校別の合格率の情報は学校選びを考える上で参考になるのではないかと思います。

データを見る際の判断基準の1つとして、受験者数が多い学校で合格率が高いということは国試対策も手厚い可能性が考えられるのではないかと思います。

このサイトを運営させていただく中で、インターネット上の情報収集をしている際に気づいたこととして、

言語聴覚士の養成校によっては、

 国家試験後の自己採点などのフォローがしっかりされていないのでは?

と感じる投稿なども散見される印象を受けています。実際に投稿者の方に直接確認はしていないので、その真意はなんとも言えませんが、学校選びの際は国家試験対策や国試後のフォローも含めた状況を学校見学・説明会などでよく確認しておいたほうが、後々に後悔しないのではないかと思います。

 

その他にも、SNS上でも各校などから国家試験合格率に関連する投稿がされているようですので関心のある方は以下の記事もご活用ください。

TwitterをはじめとしたSNSを上手く活用することで、必要な方に、今必要な情報を知っていただく可能性が拡がりやすいのではないかと思います。すでに効果的にSNSを駆使されている学校の担当者の方は、流石ですね。

 

 

2019年(平成31年)に実施されたPT・OT・ST国試関連の話題

 

2019年(平成31年)に行われた第54回理学療法士国家試験・第54回作業療法士国家試験の合格発表は、2019年3月25日(月)に、第21回言語聴覚士国家試験の合格発表は、2019年3月26日(火)に行われました。

来年、国家試験を受験予定の方などの参考までに以下の記事に合格発表や国試関連の話題をまとめておきましたので、今後受験予定の方などで関心のある方はご活用いただけますと幸いです。

 

第54回理学療法士国家試験(2019年・平成31年)関連記事はこちら

 

第54回作業療法士国家試験(2019年・平成31年)関連記事はこちら

 

 

第21回言語聴覚士国家試験(2019年・平成31年)関連記事はこちら

 

 




 

 

by PT・OT・STニュース.blog