プロフィール

2019年4月2日

 

このサイトについて

 

【2019年3月9日-現在 第3代目PT・OT・ STニュース.blog:ptotstnews-blog.com】

 

訪問してくださる方は、みなさんスマホ?

という現状を感じていました…

 

養成校・養成コース学生の方を始め、臨床家、教員の方も、ほとんどの方が、スマートフォンを持ちつつある現在ですが、リハビリ専門家・学生の方を対象としたメディアを運営させていただく中で、ほんの数十年程前には、考えられない世界となっているのを目の当たりにしています。

2019年3月8日まで、無料レンタルサーバーを使わせていただき、運営していたこともあり、「 サイトの処理速度の遅さ 」や、「 適宜サイトが落ちる(一時的にアクセスできなくなる) 」現象に頭を悩ませていました。処理速度の遅さに関しては、パソコンよりもスマホ環境でより顕著になるため、訪問してくださる方に、申し訳ないと思いながら運営を続けてきました。

レンタルサーバーに関しては、色々な有料サービスの情報を収集していましたが、処理速度が速く、一定数以上の転送量のあるレンタルサーバーを使うには、継続的に、ある程度の金額のお金がかかることがわかり、長年躊躇していました…

 

しかし、2018年〜2019年にかけて、学生の方を対象としたコンテンツを公開させていただく中で、

さすがに、このままではいけない…

と思うようになりました。

 

今必要としている情報を、ストレスなくスムーズに閲覧してもらいたい。そして安全に

このような思いから、有料レンタルサーバーへの移行と、独自ドメインSSL(https:暗号化)を導入することにしました。

2019年3月始めから、有料レンタルサーバーへのサイトの引越し作業と、独自ドメイン取得関連の作業を試行錯誤しながら進めてきました。
普段聞きなれない、サーバー系・ドメイン系の知識や技術などを学び、訳のわからないことだらけで混乱した後に、書いている文章のため、自分自身、一体何を書いているのか、何を言いたいのか?よくわからない文章になりましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

訪問してくださった方の中で、1人でも「 前のサイトより速くなった 」「 サイトが落ちなくなった 」などと感じていただける方がいましたら幸いです。
(ただし、共有サーバーのプランのため、サーバーの混み具合により変動があるかと思います)

 

有料レンタルサーバーへ移行後、より高速にサイトを表示できるように

・サイトのテーマの変更
・WordPressのプラグインや各種設定でサイト高速化設定
・レンタルサーバーのキャッシュ設定

などを試していました。2019年4月1日にPageSpeed Insightsでこのサイトの速度評価(スピード計測)をしてみたところ、気になる警告の表示が出ていることが気になったので、思い当たる範囲で修正してみたところ、モバイルページのスピード計測結果が、改善(高速化)しているようでした。

 

モバイルの速度スコア「 94 」 | PageSpeed Insights:Lighthouse分析データ
2019年4月1日 22時26分時点
モバイルの速度スコア94(PageSpeed Insights:Lighthouse分析データ)2019年4月1日 22時26分時点

* 使用しているレンタルサーバーのサーバーマイグレーションの表示は、
  サーバー空き状況 :△ やや混雑
  の状態で計測。

 

パソコンの速度スコア「 99 」| PageSpeed Insights:Lighthouse分析データ
2019年4月1日 22時26分時点
パソコンの速度スコア99(PageSpeed Insights:Lighthouse分析データ)2019年4月1日 22時26分時点

* 使用しているレンタルサーバーのサーバーマイグレーションの表示は、
  サーバー空き状況 :△ やや混雑
  の状態で計測。

 

もう少し早く気がつけばよかったのですが、今後、サイトを訪問してくださる方の情報収集の利便性向上に繋がることがありましたら幸いです。

上記の2019年4月1日計測時点に、このサイトで利用させていただいているレンタルサーバーは、ConoHa WING by GMO(コノハウィング)です。ウェブサイト運営に関心のある方で、モバイルで訪問してくださる方が多い場合など、スピード面でお悩み中の方にとっては、ありがたいレンタルサーバーではないかと思います。

 

2019年4月1日時点にConoHa WINGのサイトを確認してみると、「 国内最速* 」の記載があるようです。

* サーバー処理速度の計測結果は、
 2019年1月時点のConoHa WING by GMOの独自調査のようです。
 対象サーバーとして、日本国内シェア90%以上占めているトップ10サービスの
 各サービスの最下位プランをApache Benchで5回計測の平均値のようです。
 現在のConoHa WINGのサイト内の表記はご自身でもよくご確認ください。

 

2019年4月1日の修正前の状況でも、個人で「 Lighthouse 」活用して国内の主要リハビリ系メディア2社の速度評価をしてみたところ、2019年3月計測時点では、このサイトの方がいくらか速いようでしたが、自分自身も今回の結果を見て、ようやくその実力に納得しました。

詳しく内容などは記事にまとめさせていただきました。
サイト高速化への道。有料レンタルサーバーへ移行後、約1ヶ月で気づく

 

 

 

【2017年-2019年3月8日まで 第2代目PT・OT・ STニュース.blog】

 

2016年(平成28年)から、

PT・OT・STニュース.blog

という名前で、リハビリ専門家向けにニュースサイトという形で、現在、日本で議論されている国の施策の動向や、リハビリ専門家の方々が、興味・関心がありそうな話題をまとめさせていただいていました。

 





 

しかし、

特定のキーワードで、訪問してくださる方が増えてきた!

 よし、この調子でコンテンツを充実させるぞ!

と思っていた矢先に、2016年からコツコツと作成していた

第1代目のPT・OT・STニュース.blog

は、インターネット上から姿を消してしまいました…

 

 

このページを初回投稿時点では、インターネット上から姿を消した、(http://ptotstnews.wpblog.jp/)のURLアドレスが表示される記事の検索結果が表示されるのではないかと思いますが、検索結果をクリックしてみると、もうその記事は存在しません。

 

インターネット上から姿を消した経緯については、以下の記事

2代目「PT・OT・STニュース.blog」に至るまでの経緯について

にまとめておきましたので、関心のある方は参照ください。

 

2017年3月からは、新たな気持ちで開き直って、再びコンテンツを作成していきたいと考えています。
基本的なコンテンツの予定としては、PT・OT・STの有資格者や、養成校の学生、将来、PT・OT・STを目指したい方を対象としたコンテンツを作成予定です。その他にも、検索エンジンをはじめとしたアクセス状況を定期的にチェックしつつ、

その時代その時代に必要とされる、価値ある情報とは何か?

ということを自問しながらサイトを運営していきたいと思います。

 

このサイトを認知していただくきっかけは、人それぞれではないかと思いますが、訪問してくださる方にとって、

意味のある情報

価値ある情報

一歩を踏み出す勇気を与える情報

などに出会うきっかけになることがありましたら幸いです。

 

PT・OT・ST臨床家や、研究者、養成校の教員の方々は、日々、お忙しいかと思いますが、

・ リハビリ専門家の行く末

・ 自分たちの知識・技術の社会への活かし方

・ リハビリ研究のテーマ探し 

などと、
ふと、疑問に思うことがあった時などに、このサイトを活用していただけるようなメディアを運営していきたいと思いますので今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

【2016年-2017年 第1代目PT・OT・ STニュース.blog】

 

リハビリ関連書籍レビュー.blog を運営させていく中で、理学療法士PTや、作業療法士OT、言語聴覚士ST、リハビリテーション科医などの医師や、その他、医療・介護専門職などを対象としたニュース情報をまとめたコンテンツの

医療介護保険・診療報酬・リハビリ関連ニュース(一覧)| リハビリ関連書籍のレビュー.blog

を2015(平成27)年12月5日から記事を書き始めてみました。ニュースのコンテンツを作成する中で、ありがたいことに、医療や介護関連の制度関連情報などに関心のある方が、検索エンジンなどを介して訪問してくださることもあるようになりました。記事を書き進める中で、医療・介護・福祉領域や医学研究などの情報を収集したい方のニーズを考慮し、PT・OT・STなどのリハビリ専門職の方々の情報収集の際の利便性を考え、専門のウェブサイトを運営したいと思うようになりました。PT・OT・ STニュース.blog(以下:当サイト) では、医療・介護・福祉などの制度関連や国の施策などの情報や、その他、最近の医学研究などの動向について、情報を集めてまとめていきたいと思います。PT・OT・STの職種の方以外にも、当サイトに何かしらの利便性を感じていただくことがありましたら、折に触れてご活用していただけることがありましたら幸いです。

 

 

 




 

 

 

 

by PT・OT・STニュース.blog