【PT・OT・ST – ポイント和訳】認知症予防ガイドライン(WHO 2019):Risk reduction of cognitive decline and dementia: WHO guidelines.

2019年5月24日

【PT・OT・ST - ポイント和訳】認知症予防ガイドライン(WHO 2019)Risk reduction of cognitive decline and dementia - WHO guidelines.

Risk reduction of cognitive decline and dementia: WHO guidelines 2019の和訳について

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方の情報収集の利便性を考え、2019年5月に世界保健機関(WHO:World Health Organization)から公表された認知機能低下・認知症のリスク軽減関連のガイドライン(以下:認知症予防ガイドライン)

Risk reduction of cognitive decline and dementia: WHO guidelines. Geneva: World Health Organization; 2019.

を翻訳してみました。(PT・OT・STの方が関心の高いと思われる領域のみ和訳)

リハビリ専門家をはじめ、認知症予防に関心のある方の参考になることがありましたら幸いです。

 

【日本語訳について】

このページの翻訳は、WHOによって作成されたものではありません。PT・OT・STニュース.blogによって日本語に翻訳されており、WHOはこの翻訳の内容や正確性について責任を負いません。尚、正確な記述に関しては出典の英語版をご確認ください。

 

出典:
World Health Organizationのウェブサイト

Risk reduction of cognitive decline and dementia: WHO guidelines. Geneva: World Health Organization; 2019. (PDFへのリンク)

Risk reduction of cognitive decline and dementia WHO Guidelines(WHOのサイト内のダウンロードページへのリンク)
2019年5月18日利用

 

PT・OT・STニュース.blogが翻訳した文章のライセンスは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス):CC BY-NC-SA 3.0 IGO.です。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス):cc by-nc-sa

 

 

認知症予防ガイドライン(WHO 2019):推奨(サマリー)- SUMMARY OF RECOMMENDATIONS

 

身体活動介入 – Physical activity interventions

 

身体活動は、認知機能低下リスクを減らすために通常の認知機能を持つ成人に推奨するべきです。

【エビデンスの質】中等度のエビデンス
【推奨の強さ】強い推奨

 

身体活動は、認知機能低下リスクを減らすために軽度認知障害(MCI)のある成人に推奨されるかもしれません。

【エビデンスの質】低いエビデンス
【推奨の強さ】条件付きの推奨

 

原文(SUMMARY OF RECOMMENDATIONSより)

Physical activity interventions

Physical activity should be recommended to adults with normal cognition to reduce the risk of cognitive decline.
Quality of evidence: moderate
Strength of the recommendation: strong

Physical activity may be recommended to adults with mild cognitive impairment to reduce the risk of cognitive decline.
Quality of evidence: low
Strength of the recommendation: conditional

 

認知的介入 – Cognitive interventions

 

認知トレーニングは、認知機能が正常の高齢者や軽度認知機能障害(MCI)の高齢者に提供されるかもしれません。

【エビデンスの質】非常に低い〜低いエビデンス
【推奨の強さ】条件付きの推奨

 

原文(SUMMARY OF RECOMMENDATIONSより)

Cognitive interventions

Cognitive training may be offered to older adults with normal cognition and with mild cognitive impairment to reduce the risk of cognitive decline and/or dementia.
Quality of evidence: very low to low
Strength of the recommendation: conditional

 

社会活動 – Social activity

 

社会的活動と認知機能低下/認知症リスク軽減のエビデンスは不十分です。

健康・幸福・社会的包摂(ソーシャルインクルージョン)と関係が強い社会参加と社会的支援(ソーシャルサポート)は、生涯にわたってサポートされるべきである。

 

原文(SUMMARY OF RECOMMENDATIONSより)

Social activity

There is insufficient evidence for social activity and reduction of risk of cognitive decline/dementia.

Social participation and social support are strongly connected to good health and well- being throughout life and social inclusion should be supported over the life-course.

 

体重管理 – Weight management

 

過体重および/または肥満の中年者に対する介入は、認知機能低下および/または認知症リスクを減らすために提供されるかもしれません。

【エビデンスの質】低い〜中等度のエビデンス
【推奨の強さ】条件付きの推奨

 

原文(SUMMARY OF RECOMMENDATIONSより)

Weight management

Interventions for mid-life overweight and/or obesity may be offered to reduce the risk of cognitive decline and/or dementia.
Quality of evidence: low to moderate
Strength of the recommendation: conditional

 

難聴の管理 – Management of hearing loss

 

認知機能低下や認知症リスクを減らすために補聴器の利用を推奨するエビデンスは不十分です。

WHO ICOPEガイドラインで推奨されているように、スクリーニング検査とそれに続く補聴器の提供が、時宜(じぎ)を得た難聴の特定と管理のために高齢者に提供されるべきです。

 

原文(SUMMARY OF RECOMMENDATIONSより)

Management of hearing loss

There is insufficient evidence to recommend use of hearing aids to reduce the risk of cognitive decline and/or dementia.

Screening followed by provision of hearing aids should be offered to older people for timely identification and management of hearing loss as recommended in the WHO ICOPE guidelines.

 

原文では詳しい内容の説明や、その他の要因についてもエビデンスがまとめられています。
認知症の予防に関心のある方は原文をチェックしてみてください。

 

Risk reduction of cognitive decline and dementia: WHO guidelines. Geneva: World Health Organization; 2019. (PDFへのリンク)

Risk reduction of cognitive decline and dementia WHO Guidelines(WHOのサイト内のダウンロードページへのリンク)

 

by PT・OT・STニュース.blog